2018年08月20日

夏休みのこはるきっず♪

皆さまこんにちは。
ここのところ、すこし涼しく感じられますね。
吹く風に、なんとなく秋の気配を感じます。

夏休み中、こはるきっずのお教室に通ってくれたお友達。
先日、夏のレッスンが終了しました。

文字や数字に興味をもってくれるようになりましたわーい(嬉しい顔)
自分の名前を書く練習を一生懸命しましたねぴかぴか(新しい)

積み木やブロック、図形パズルが大好きで、
いろいろな形を作ってくれましたねわーい(嬉しい顔)

季節の絵カードを使って、お話を作ってくれました。

オンライン英会話も体験しましたexclamation×2
パソコンに興味津々、
外国人の先生と、英語の歌を楽しく歌えましたるんるん

子どもの興味関心は様々です。
その日によって、”やりたこと”も違います。

今日は”パズル”の気分、
今日は、文字を書いてみたい気分、次は数字を書いてみたい、
あ、ノートに書くよりも、ホワイトボードに書いた方が面白そう、

今日はパソコンで英語やるんだね、
歌を歌うのかな、ダンスするのかな。。。

などなど、お教室の中で、”今日はこれをやりたい!!”
と、自分からすすんで取り組むことを大切にしたいと思っています。
(※オンライン英会話は予約制ですので、いつでもできるわけではありません。
ご了承ください!!)

親御さんからすれば、うちの子、こんなに集中力無くて大丈夫かしら??
と思うかもしれませんが、
子どもはいろいろやってみたいもの。
特に、男の子はその傾向が強いかもしれません。
あくまで、”傾向”ですけどね。

以前読んだ本の話ですが、
著書の方は子どもの頃からとにかく”落ち着きがない”と言われていて、
それは大人になってからも続いてるのだそうです。
しかし、著者から言わせれば、
「注意力散漫なのではない、常にいろいろなことが気になり、注意が向いてしまうのだ!!」
ということなのだそうです。
一つのことに集中できない、
すぐに違うことをやりたがる、
でも、そうすることで、自分のやりたいことをどんどんやってきたわけです。
本も何冊も出していらっしゃいます!!
今流行の、”多動力”といったところでしょうか?

子どもは、興味を持ったことにはかなりの時間集中できます。
でも、飽きたら、はい、次!!
と、かなり潔く、次のことに切り替えます笑笑

子どもって、それでいいんじゃないでしょうか?
”多動力”でいいんじゃないでしょうか??

こはるきっずには、
さまざまな教材があります。
大人にとっては”教材”ですが、
子どもにとっては”遊び道具”かもしれません。
いろいろなことをかじってみて、
かじったことが大きな塊となって、
子どもの”チカラ”になっていくような気がしています。





posted by こはるきっず at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
タグクラウド